So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ

オウンゴール FIFA女子ワールドカップ 日本VSイングランド [スポーツ]


FIFA Women's World Cup Canada 2015 - Edmonton / IQRemix

※写真はイメージです

【オウンゴール(Own goal)】

このゴールは本当に悲劇的なゴールです

オウンゴールを犯した選手はどんなに

チームメイトが慰めようが

”返しのついた針”のように心に刺さって

いつまでも抜けることはないのではないだろうか


ちなみにこのオウンゴールという言葉は以前、日本では

”自殺点”と言われていましたが、イメージが悪いというので

オウンゴールという呼称に統一されました

同じような理由で両チーム同点でむかえる延長戦のことを

サドンデス (sudden death)でしたが「”生き残り”という意味は

いかがなものか」という意見が尊重され「ゴールデンゴール」そして

現在の「Vゴール」へ変わりました

どこか緊張感のない呼称はある意味、日本らしいです

【オンゴール?オウンゴール?】

今回の『FIFA女子ワールドカップ カナダ2015』での

なでしこジャパンとイングランド戦でもイングランドDFの

クリアミスがオウンゴールとなって、気の毒な終わり方でした

その試合直後のTwitterで多くの方が”オンゴール”と投稿されているのに苦笑いでした

たしかにゴールしたのだからオンゴールに違いないですが

スポンサードリンク







【間違えやすい事例】

相手選手がゴールへシュートをしたボールを味方選手が身体でブロックして

コースが変わり、運悪くネットインしてしまった場合、これは

オウンゴールではなく相手選手の得点となります

それに対し、今回のなでしこジャパンVSイングランド戦のように

川澄選手が直接ゴールシュートではなくセンターの

大儀見選手と岩渕選手へあげたクロスをイングランドDFが最後に触れて

ネットインした場合はオウンゴールとなります

つまり、最後に味方選手がボールに触れたとしても

状況次第で公式ジャッジが変わるということです


【エスコバルの悲劇】

オウンゴールで今も記憶に残るのが1994年のアメリカで開催されたFIFAWカップです

地元アメリカと戦ったコロンビアのエスコバル選手(27才)が犯したオウンゴールは

歴史に残る悲劇になってしまいました

コロンビアといえば当時も今も優勝候補の一角

1次ラウンドで地元アメリカと対戦したコロンビアは前半35分に

エスコバル選手がまさかのオウンゴールで先制点を許すと

勢いづいたアメリカにその後も追加点を奪われます

コロンビアも終了間際に意地の1点を返しますが時すでに遅し


優勝どころか1次ラウンド敗退となったコロンビア選手たちは

「母国に帰ったら何をされるかわからない」と帰国を拒否

開催国アメリカで代表チーム解散という前代未聞の事態になります

しかしエスコバル選手は「敗因となったのは自分」と責任を感じ

「ファンの方々に説明する義務がある」と単身帰国

その後、友人たちとバーで飲食し店から出て来たところを

銃を持った男に襲われます

「オウンゴールをありがとう」

とだけ言うと弾丸12発を発射、そしてエスコバル選手は絶命します

ACミランへの移籍も決まっていた矢先のこの事件は

”エスコバルの悲劇”といわれ今に伝えられています



スポーツ ブログトップ
スポンサードリンク