So-net無料ブログ作成

映画『ジェイコブズ・ラダー』が伝えたかった意味とは [映画]

Jacob's Ladder01.jpg

先日、なにげなく立ち寄ったツタヤレンタルで思わぬDVDを見つけてしまった。
「ジェイコブズ・ラダーJacob's Ladder」1990年のアメリカ映画です。
カテゴリーが”ホラー”になっていたけれど、ホラー映画なの?

ボクは映画館ではなく、テレビで始めて観たのですが、ずーっと心のどこかで
(もう一度観たい)と思っていました。
その頃はDVDなんかまだまだ普及していなかった時代。
録画しようとおもったら空いたVHSテープがなくて「しもたー!」と、悔しい思いをしました。

Jacob's Ladder02.jpgJacob's Ladder05.jpg

その後VHSが去り、DVDの時代になると人気のある映画はDVD化されましたが、この「ジェイコブズ・ラダー」はマニアックな映画だったのか、しばらくお目にかからなかった。


でも、最近になってどうしても観たくなり、ヤフオクやAmazonで検索すると意外にも前からDVD化されており、
「やったー」と値段を見ると3000円を超えています。
安いものがあっても、今は自宅で観る事ができないVHSテープだったりで、諦めていました。

Jacob's Ladder04.jpgJacob's Ladder07.jpg

そのように悩んでいた時にツタヤさんが扱ってくれました。ありがとう!(2014年11月レンタル開始)
実際にDVDで観るとテレビではカットされていた場面が多く、(やっぱりホラーかな)と感じました(*v.v)。


それにしても、この作品はまちがいなく多くのアメリカ映画に影響を与えた作品です。
ボクが確認しただけでも、「スーパーナチュラル」「今日も僕は殺される」「バタフライ・エフェクト」と
数々の、ちと不気味な映画は映像手法&ストーリー展開の影響をうけています。

ネタバレにならない程度に話すと、ラストは衝撃的です。
でも、この映画の真髄はラストではありません。
だからまた、観たくなるんだなー


映画の冒頭、ベトナム戦争の場面が登場します。
この映画の製作当時はベトナム戦争が終結してまだ15年足らずのアメリカ。
人も国もその後遺症に苦しんでいた時代。
そんな時代が青春だった主人公のジェイコブ・シンガーが可哀想でならない。
一人の人生、生と死が走馬灯のように描かれている精神世界。

ちなみに、彼の息子役は幼いころのマコーレ・カルキンだ。(可愛かった頃ネ)

Jacob's Ladder03.jpg

題名の「ジェイコブズ・ラダーJacob's Ladder」は旧約聖書の一節にある「ヤコブが夢に見た天使が上り下りする梯子」という意味です。(※ヤコブを英語読みでジェイコブ、ラダーは梯子ですね)
欲を言えばエンドロールのBGMはアルノルト・シェーンベルクが作曲した未完の楽曲「ヤコブの梯子 (シェーンベルク)」を流してほしかったなぁ…
観終わった後、自分の人生を考えてしまった…忘れられない映画です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

デロリアンのラジコンが ユニバーサルスタジオで相変わらずの人気らしい [映画]

映画バック・トゥ・ザ・フューチャーより.jpg
映画バック・トゥ・ザ・フューチャーより

1985年に公開された『映画バック・トゥ・ザ・フューチャー』といえばシリーズ化されていますが、最初に公開した映画が一番よかった。
マーティー少年とドク博士の冒険はいまでも色褪せません。

そういえばテレビでのドク博士の吹き替えはボクの時は俳優の穂積さんだったあぁ。
ドンピシャでしたよ、穂積さんの吹き替えは。
穂積さん.jpg

ところで大阪にあるユニバーサルジャパンはボクは残念ながら行ったことがありません、ホームページで『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の記事を見つけたので調べたら、やっぱり今でも人気があるようで、ちょっと嬉しかったです(*^.^*)



公式ユニバーサル・スタジオ・ジャパンより


この映画にでてくる俳優はみんな個性的で大好きでしたが、中でも存在感が光っていたのが
”デロリアン”でしょうね!
あの時代にこんなのがあったらどんなに欲しがったでしょう…
デロリアン.jpg


ただ、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のアトラクションとしては世界中で”ユニバーサル・スタジオ・ジャパン”ただ1箇所のみになってしまったのは、やはり時代の流れなんでしょうね…
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
スポンサードリンク