So-net無料ブログ作成
検索選択

【熱中症予防】水筒に入れた氷を長く持たせる方法 [裏ワザ]

今年の夏は昨年より暑さが厳しいと思いませんか?
私は職場へ氷とお茶を入れた水筒を持参しているのですが、

10時を回るころには氷は溶けてしまって、お昼にまたコンビニへ走るありさまです。


スポンサードリンク








アップ用  水筒.jpg

そこで「どうにかして水筒の氷を長持ちさせたい!」

そしてある結論に達したのが

【水筒に氷だけ入れる】

…です。

へたにお茶やジュースなどの液体を一緒に入れるから
氷は早く溶けるのです。(そういや水と空気の熱伝導率って習いましたよね~)

そこで早速やり方です。

保温機能のある水筒に、氷を入れたらすぐに蓋をすればOK!

アップ用  水筒と氷.jpg

あとは好きなジュースを持って出かけましょう。
私はコーラ♪(試しに常温を選びました)
アップ用  水筒とコーラ.jpg

のどが渇いたら水筒に持参したジュースを注ぎ入れれば
10秒でキンキンに冷えた飲料が飲めます。(コーラのような炭酸は静かに注いでね)

アップ用  コーラを水筒に注ぎ入れる.jpg
【コツ!】
ここで注意してほしいのが、ジュースなどを注ぎ入れる時は
一回で飲みきれる量を入れること!

水筒にジュースなどを飲み残したままフタをすると
氷はスグに溶けてしまいます。
だから一気に飲んだら水筒には氷だけの状態で
スグにフタをしましょう。

上手に使えば3時頃まで氷が残っているときがありいますよ~



水筒に水を入れて冷凍庫で時間をかけて凍らせると大きな氷になって、氷はさらに長持ちします。
その場合は水筒の半分くらいがいいでしょう。

※冷凍庫で保温機能を持った水筒を凍らせる場合は
フタをしてはいけませんヨ~(凍らないから)

ではでは明日も暑い夏を満喫しましょう~
スポンサードリンク