So-net無料ブログ作成

ジャポニカ学習帳 昆虫表紙がダントツの一位で復活へ! [教育]




【ジャポニカ学習帳の昆虫表紙が復活!】

「ジャポニカ学習帳」(ショウワノート)の表紙から昆虫の写真が消えたのが2012年のこと。
昆虫の写真が一部の教師や親から「気持ち悪い」と苦情があったからでした。

一部の偏見視する親だけならまだしも、子供に教える立場の教師までもが異を唱えることに、開いた口がふさがらない思いでした。

日本の教育理念を心配する声が多く聞かれた出来事でした。

それは長年にわたって販売してきたショウワノートも困惑は同じ。
自社が行ってきた企画を再検討するためにAmazon社と共同でジャポニカ学習帳の表紙デザインの人気投票を実施。

スポンサードリンク






今年が「ジャポニカ学習帳」を発売してから45週年にあたるため、4月28日から6月15日に行われました。1970年代、80年代、90年代、2000年代という4つの年代の人たちを対象に実施。

その結果は予想に反して昆虫写真が上位を独占。
めでたく今回のネット販売で復刻されることになりました。

男性の昆虫人気はあるていど予想されていたため、上位に食い込むと思われていましたが、一位がクワガタで二位がカブトムシという嬉しい誤算。

この結果に自信を得たショウワノートでは一般販売も検討されているとのこと。

一瞥(いちべつ)して「気持ち悪い」と差別するより「まず観察すること」という教育を、この表紙から学ぶべきですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

シカ肉の食べ方 その味は? [食・グルメ]





【シカ肉の味】

<エゾシカ肉>
シカ肉.jpg

一見して脂肪と赤肉がハッキリと分かれていることがわかります。
赤肉の部分には飼育された畜牛のようなサシは殆どありません。

これが本来の肉質であり、野生そのままの肉質です。
普段、焼肉店などで霜降り肉を食べ慣れている方には歯ごたえのある肉に感じることでしょう。
私はクジラ肉のように感じました。

想像よりもクセがなく噛みしめほどに甘みが出てきて、深みのある肉の味を堪能できます。
私はハンバーグでもいただきましたが、もう抜群の旨さで、ライスを食べるのを忘れるくらいでした。

シカ肉に限りませんが、処理をする時に「一番大事なのが血抜きだ」と教わったことがあります。
特にシカ肉はその影響が受けやすい肉だと思いますので、良い業者を知ることが重要になってきます。

上の写真で分厚い脂身がありますが、私はフライパンで肉を焼く時に利用しました。
油の味は意外にもサラサラしていて、濁りもない大変キレイな油でした。

【シカ肉の栄養価】
高タンパク質で低脂肪です。白い脂を取れば脂質はほとんどないのでは?
豚や牛に比べてもその差はあきらかで、タンパク質が2倍、鉄分は3倍、脂質が10分の1で、全体のカロリーなんか3分の1です。

見た目が赤褐色なのも、ヘム鉄が多いからです。

西洋では昔からジビエ料理の代表的な肉で、最高級の肉として扱われているそうです。
食べたことのない方には今回のCoCo壱番屋のシカ肉カレーで体験されてはどうでしょうか。





北海道 オーロラ観光 どうでしょう。 [科学]


Aurora - 10 / Kabacchi
※イメージ

オーロラ(英: aurora)別名 極光(きょっこう)

2015年6月23日の午後10時に北海道の稚内市(わっかない)でオーロラが11年ぶりに観測されました。

オーロラなんてアラスカでしか体感できないものとばかり思っていましたが
調べたら日本でも数多く観測されていたました。

日本で見られるオーロラは「低緯度 オーロラ 」といって赤紫色なのが特徴
今回撮影されたものも赤っぽい光が映し出されていたので同じです。



オーロラファンタジー(知床ファンタジア2010) Aurora Fantasy@Shiretoko / jetalone


今では北海道や本州の北側にある新潟県で観測されるそうでが、研究者以外の日本人には
まだ赤色のオーロラの存在が知られていなかったので
北の空が赤いので火事だと思い込み、住民が消防署に通報する騒ぎになったり、

新潟県では日本海上空が赤いので、海上で船舶が炎上しているものと判断した第九管区海上保安本部が巡視船を出す騒ぎになったそうです。

日本では古来よりオーロラのことを「赤気(せっき)」若しくは「紅気」と呼ばれ
古くは推古天皇の時代、日本書記に記述が残されている。

天に赤気があり、その形は雉の尾に似ていた。長さは一丈あまりであった


当時の日本人の驚き様は、鎌倉時代の歌人・藤原定家の明月記にも残されています
北の空から赤気が迫ってきた。その中に白い箇所が5個ほどあり、筋も見られる。恐ろしいことだ


1770年頃には長崎県や佐賀県でも見られていたそうですから、それだけ当時の夜は暗かったということでしょうか。

スポンサードリンク






日本でオーロラと呼ばれはじめたのが明治時代から。
南極観測での活動拠点・昭和基地がオーロラの帯の真下に位置していたそうで、最高の観測拠点でした。
観測当初は研究のいっかんで美しいオーロラの発光空域へロケットまで打ち込んでいたそうです。

そもそもオーロラの発生原理が複雑で、難しい。
簡略すると

1.地球は太陽から常に「太陽風」と呼ばれるプラズマが吹きつけている
2.その作用で、もともと地球の周りにある磁気圏が太陽とは反対側の夜側に寄せられる
3.地球磁場と混ざり合ったプラズマは夜側の地球に広がる「プラズマシート」に溜まる
4.そのプラズマが何かのきっかけで加速し、地球の大気へと降下をはじめる
5.そこで大気の粒子とプラズマが衝突し、一時的に高いエネルギー状態になる
6.そして元の状態に戻るときに発光するのがオーロラ

どうでしょうか。私にはちんぷんかんぷんです。

地球に異変が起きているのか、太陽に変化が起きているのか、いずれにしても一度は肉眼で
オーロラを日本にいながら見てみたいものです。




























nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

オウンゴール FIFA女子ワールドカップ 日本VSイングランド [スポーツ]


FIFA Women's World Cup Canada 2015 - Edmonton / IQRemix

※写真はイメージです

【オウンゴール(Own goal)】

このゴールは本当に悲劇的なゴールです

オウンゴールを犯した選手はどんなに

チームメイトが慰めようが

”返しのついた針”のように心に刺さって

いつまでも抜けることはないのではないだろうか


ちなみにこのオウンゴールという言葉は以前、日本では

”自殺点”と言われていましたが、イメージが悪いというので

オウンゴールという呼称に統一されました

同じような理由で両チーム同点でむかえる延長戦のことを

サドンデス (sudden death)でしたが「”生き残り”という意味は

いかがなものか」という意見が尊重され「ゴールデンゴール」そして

現在の「Vゴール」へ変わりました

どこか緊張感のない呼称はある意味、日本らしいです

【オンゴール?オウンゴール?】

今回の『FIFA女子ワールドカップ カナダ2015』での

なでしこジャパンとイングランド戦でもイングランドDFの

クリアミスがオウンゴールとなって、気の毒な終わり方でした

その試合直後のTwitterで多くの方が”オンゴール”と投稿されているのに苦笑いでした

たしかにゴールしたのだからオンゴールに違いないですが

スポンサードリンク







【間違えやすい事例】

相手選手がゴールへシュートをしたボールを味方選手が身体でブロックして

コースが変わり、運悪くネットインしてしまった場合、これは

オウンゴールではなく相手選手の得点となります

それに対し、今回のなでしこジャパンVSイングランド戦のように

川澄選手が直接ゴールシュートではなくセンターの

大儀見選手と岩渕選手へあげたクロスをイングランドDFが最後に触れて

ネットインした場合はオウンゴールとなります

つまり、最後に味方選手がボールに触れたとしても

状況次第で公式ジャッジが変わるということです


【エスコバルの悲劇】

オウンゴールで今も記憶に残るのが1994年のアメリカで開催されたFIFAWカップです

地元アメリカと戦ったコロンビアのエスコバル選手(27才)が犯したオウンゴールは

歴史に残る悲劇になってしまいました

コロンビアといえば当時も今も優勝候補の一角

1次ラウンドで地元アメリカと対戦したコロンビアは前半35分に

エスコバル選手がまさかのオウンゴールで先制点を許すと

勢いづいたアメリカにその後も追加点を奪われます

コロンビアも終了間際に意地の1点を返しますが時すでに遅し


優勝どころか1次ラウンド敗退となったコロンビア選手たちは

「母国に帰ったら何をされるかわからない」と帰国を拒否

開催国アメリカで代表チーム解散という前代未聞の事態になります

しかしエスコバル選手は「敗因となったのは自分」と責任を感じ

「ファンの方々に説明する義務がある」と単身帰国

その後、友人たちとバーで飲食し店から出て来たところを

銃を持った男に襲われます

「オウンゴールをありがとう」

とだけ言うと弾丸12発を発射、そしてエスコバル選手は絶命します

ACミランへの移籍も決まっていた矢先のこの事件は

”エスコバルの悲劇”といわれ今に伝えられています



スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。